軽減税率の対象品目一覧

軽減税率の対象品目一覧

軽減税率の対象品目一覧

 

消費税を10%に上げたときに、税率を8%のままに据え置く品目を定め、増税しないとすることを軽減税率といいます。政府自民党、公明党で線引きをどうするかで苦慮した模様です。結局食料品の中で家に持ち帰るものは軽減税率、その場で食べるものは増税ということで落ち着きました。しかし議論は続きました。例えばファストフード店でお持ち帰りの場合はどうか、ショッピングセンターのイートインで食べた場合はどうか、出前はどうかなどなど。

 

結局のところ変なところで線引きをしてしまうと解釈のとりようでどうにでもなるわけです。この辺は日本人は知恵が働きますから色々なことを考えてくぐり抜ける方法を見つけます。どの業界でも相です。規制をつくると抜け道を見つけます。

 

以前アメリカで買い物をしたときは、食料品は無税で日用品は15%だったと思います。また煙草は異様に高かった記憶があります。
軽減税率の線引きはもっと大胆に単純にやればいいと思います。たとえば食料品は増税しないでいいのです。レストランはそうする・・とか考えるから難しくなるのです。食べ物は全て増税しないでくくれば議論の余地はないし、現場サイドも簡単だと思います。

 

変に低所得者とか年金生活とかいうより、税は公平という観点から考えたほうがいいと思います。

 

軽減税率の対象品目一覧

関連ページ

孫から好かれるには
孫から好かれるには
放射能のデトックス
放射能のデトックス